6 Oct 2016

皇帝の馬の墓地

また日本語で書いてみました。サンクト・ペテルブルクあまり知られていない名所について。
サンクト・ペテルブルクの郊外のプーシキンには、地元住民の間でさあまり知られていない場所があります。それは、馬の墓地です。そこに葬られているのは、ロマノフ皇帝の馬たちです
皇帝の馬で年をとってリタイアした馬のために、特別な厩舎が建てられました。写真の中央に見える赤い建物馬小屋です。 そういったは死んだあと、その建物の近くに埋葬されました。 最近、墓石を取り外して、ストールの中しました。 それらの墓石は修復家が洗った後で、墓に返されます。
この馬小屋は、ニコライ1世の命令によって建てられました。最初の葬られた馬は、ニコライ1世の父アレクサンドル1世の馬ました。 最後は、1915年に埋葬されました。 それは最後の皇帝ニコライ2世の馬のものでした。 墓は全部で122でした。
20世紀の半ばまでは、この墓地は、比較的によく保存されていました。 しかし、ソビエト時代にほとんの墓は、ひどく破損されました。 今は修復中です。